パリにおける仕事・日常生活の忘れな草


by vwpolopolopolo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Goodbye Bafana

f0008225_6142920.jpg時間を見つけて、標題の映画を観ました。土曜なので9.50ユーロ。開始時間ちょうどだったというだけで飛び込んで観たもので、フランス映画でもないですが、ネルソン・マンデラとその看守官吏の関係を描くもので、時代背景の描写等面白いものがありました。

68年から描かれていましたが、当初はアパルトヘイト政策が共産主義の砦となるよう、70~80年代にかけては(黒人)テロリストとの戦い、という風な台詞が見受けられました。ネルソン・マンデラの30年近い投獄生活も比較的ドライに描かれているなとの印象でした。

【以下サイトにあった、粗筋を記録のため貼り付けたものです。

South Africa - 1968

Twenty-five million blacks are ruled by a minority of four million whites under the brutal Apartheid regime of the Nationalist Party Government. Black people have no vote, no land rights, no rights to freedom of movement, to own a business, to housing or education. Determined to retain power, whites ban all black opposition organisations, forcing their leaders into exile or imprisoning them for life on Robben Island.

James Gregory, a typical white Afrikaner, regards blacks as sub-human. Having grown up on a farm in the Transkei, he learned to speak Xhosa at an early age. This makes him an ideal choice to become the warder in charge of Mandela and his comrades on Robben Island. After all, Gregory speaks their language and can spy on them. However, the plan backfires. Through Mandela's influence, Gregory's allegiance gradually shifts from the racist government to the struggle for a free South Africa.

Goodbye Bafana tracks the unlikely but profound relationship between these two men. Through their unique friendship, we witness not only Gregory's growing awareness of man's inhumanity to man, but South Africa's evolution from Apartheid to a vibrant democracy.

The story, which documents how Mandela became the most inspirational political figure of the modern world, poses the questions: Who is the prisoner? And who sets whom free?】
[PR]
by vwpolopolopolo | 2007-04-28 23:30 | 日常生活

Provins

パリに近いところでありながらまだ行ったことのなかったプロヴァンに行きました。街自体は典型的な中世都市で鷹匠のショーなどもありました。

興味深かったのは、les Souterrainsという迷路のような地下道で、全長は10キロ、もともとは毛織物の脂を落とす酸性白土を採集するための石切場だった模様です。

しかしこのような迷路が出来ると、フリーメーソンの隠れ家、貯蔵庫、集会所となった由でした。壁にはおそらくフリーメーソンのものと思われるシンボリックな落書きがありましたが、ガイドの説明によれば解読できない由でした。
[PR]
by vwpolopolopolo | 2007-04-22 22:45 | 日常生活