パリにおける仕事・日常生活の忘れな草


by vwpolopolopolo
カレンダー

<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

標題の本を取り寄せて読みました。大前氏のことはもちろん知っていましたが、頻繁に本を出しているようで、様々なことをやって忙しい人のようなのに本当に自身で書いている本なのか?と勝手に訝って今まで氏の著書を読んだことがありませんでした。

それが以前、オーストラリア人管理職と少し話した際、「ケンイチ・オオマエが云々」と言ったのを聞いて驚きました。大前氏とはそんなに影響力のある人だったのか・・・と。著書もそもそも数も出しているようですし、国際的な発刊も多々しているようで、そのゆえかと思います。

ともあれ、以下興味深い指摘としてメモしておきたい点です。

・企業(Company)のもつ長期的に維持可能な、競合(Competition)に対する相対的優位性を最大限活用しながら、顧客(Customers)のニーズを満たす、との3つのCを使った戦略の立案が難しくなっている。個別的に大きく変貌を遂げようとしている分野で、しかし相互に連関する事業を複数抱える場合、自社が何なのかを再定義しなければ競合や顧客を定義することが不可能。

・中国は事実上、地域国家の集合体。一つの国民国家として捉えるべきではない。98年の朱ヨウ(金へんに容)基首相による3つの尊重により、「個人財産の尊重」が中国憲法に修正条項として入れられ、事実上の意思決定の権限の多くが既に実績を上げている地域(大連等)へ委譲された。省の代表や市長はこれまでは共産党地方書記よりも格下の扱いであったが、重しが取られ、世界中の資本、企業を引き付ける仕事を与えられたこととなる。

・政治単位というより経済単位の地域国家が今後台頭。近隣から富を奪うのではなく世界中から富を呼び寄せるもの。地域国家勃興可能地域として、海南島、ペトロパヴロフスク・カムチャッキー(ロシア)、バンクーバー・ブリティッシュコロンビア州、エストニア、バルト海の一角(グダニスクからリガにかけてのバルト海沿岸地域と隣接する内陸部)、ホーチミン、ハバロフスク地方・プリモルスキー地方・サハリン、サンパウロ、九州が挙げられる。

大前氏の関心事項は、「お金の流れ」ということで分かりやすいものでした。中国が地域国家の集合体と肯定的に捉えられているのは資本流入という事実を根拠としているからと思います。一方、資本流入以外の如何にも中国的な制度的要因を直視せざるを得ないビジネス関係者、行政官等は中国の負の側面をクローズアップする傾向がある、ということと思います。中国に関しては過度に楽観視、過度に悲観するべきものでもないと思いました。
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-12-20 23:30 | 日常生活

Hors de Prix

f0008225_517433.jpg標題の映画を観ました。男優はGad ElmalehというLa Doublure(4月2日に言及。)の主役だった人で、女優は「アメリ」で有名で最近では「ダヴィンチコード」にも出ていたAudrey Tautouです。2人ともお馴染みの顔であったため、観ることにしました。hors de prixの辞書的な意味は「べらぼうに高い」ということのようです。あるサイトでは「希少価値」と訳されていましたが、映画を観た後では、なるほどなという仮訳です。

舞台はビアリッツから始まって、モナコまでの高級ホテルが舞台になっていて、見覚えのある場所も多々ありました。感想を言うと、軽妙洒脱なコメディで面白いのですが、お洒落過ぎてどうも・・というのが正直なところです。Audrey Tautouはテレビには出ず、安売りしない女優であると聞きますが、私が好むようなコメディとはならずお腹を抱えて笑えないという感じで、要するにお洒落過ぎました。男優の方も、本来はお笑いをやる人の筈なのですが、Audrey Tautouと釣り合せるため少し決めすぎているというか、どこにでもいる(普通以下の)男性の悲哀を漂わして、もっと人情味のあるお笑いを提供してほしかったなというのが正直なところです。

Audrey Tautouはいかにもフランス人らしい、また魅力的な女優ですが、今回観ていて、少し痩せすぎている印象を持ちました。食事などに気を遣っているのでしょうが、モデルのようにあまりに痩せているのは少し大丈夫かなと思ってしまいます。

専用サイト。メイキングや映画のシーンなど多く含まれ楽しめる内容です。

以下上記サイトから貼り付けた粗筋です。
【Jean, serveur timide d'un grand hôtel, passe pour un milliardaire aux yeux d'Irène, une aventurière intéressée.
Quand elle découvre qui il est réellement, elle le fuit aussitôt. Mais Jean, amoureux, se lance à sa poursuite et la retrouve sur la Côte d'Azur.
Rapidement ruiné, il finit par adopter le mode de vie de celle qu'il aime et s'installe comme homme de compagnie dans un magnifique palace.
Ce nouveau statut le rapproche d'Irène qui accepte enfin sa présence. Elle lui donne alors des conseils et sans s'en rendre compte, s'attache de plus en plus à lui...】
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-12-17 21:50 | 日常生活

La course des champions

f0008225_794474.jpg去年もテレビ観戦しましたが、今年もやっていてテレビで観ていました。今日は一日雨で丁度楽しめました。一応F1とWRCの世界とタイトルがつく自動車レースのチャンピオンが出てくる、というコンセプトのレースです。

しかし去年もそうでしたが、F1からの参加がありません。有体に言うと、アロンゾが出てきません。一方WRCの方は年間チャンピオンのセバスチャン・ローブ(及び2位のマーカス・グロンホルム)が出てきていました。

その前年は、シュマッハーとローブが並んで写真を撮ったりしていた記憶がありますので、チャンピオン中のチャンピオンに相応しい内容であったと思いますが、だんだんと形骸化しているようです。

それもこれも、場所はオリンピック級のスタッドフランスで開催されても、やはりフランスだけでなぜ(毎年)やるのか、という話がひょっとするとあるのかもしれません。

雨が降っていたせいで、コースが濡れていて、たくさんの車がスピンしたりしていました。プロのドライバーのドラテクを見るには面白いものだったと思いますが、寒空で雨の中スタジアムまで行く元気はありませんでした。(サイト
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-12-16 23:20 | 日常生活
ルーブル学校で聞いた話を以下少し。

・イスラム教が普及する以前もともとアラブ世界は、クリスチャン、ユダヤも多く、ギリシャ・ローマ世界(トルコ・エジプト含む。)とメソポタミア世界の間にあって、商業を行っていたことからこれら地域にインテグレートされていた側面あり。中近東に独立して存在していたわけではなかった。

・イスラムで巡礼の対象となるのはメッカのカーバ神殿。これはお馴染みですが、もうひとつ聖地があるそうでメッカ北部にも聖地があるそうです。それを今回初めて写真で観ました。(これら聖地への巡礼はハッジュと言うそうです。)広い敷地に6角形の建物の上にクーポール(ドーム)が乗っかっているようなものが建てられていました。ちなみに世界中のモスクはカーバ神殿の方向を向いて建てられています。

・通常モスクの4隅に立つミナレット(尖塔)はモスクのクーポールが倒れないようにするためのもの?

・イスラム建築は、皮膜的建築(絵でアラベスクであったり、花の絵であったり)ということであって、欧州のように外部に彫刻的形態を誇示するものではない。(タージマハルも同様で参照されていた。)
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-12-14 23:50 | 日常生活

Miss Franceの発表の仕方

つい今しがたまでTF1で「Miss France 2007」が中継されていました。

フランス各地域の2006年のミス代表が集結してフランス一を競い合うもので、司会者はミリオネアでも司会をしている男性でした(名前は良く知りませんが顔は覚えています。)

ファイナリストとして5人が残っていました。Miss Reunionなども見えます。海外県からも来るのだな・・と興味深く見ていました。

商品は、プジョーのカブリオレ、モーリシャス1週間滞在などと紹介されていたと思います。

最後の発表の仕方が印象的でした。日本なら5人が並んで、照明が落とされて丸いライトが左右に動いて、例えば「ミス日本は・・・ミス東京です」などと言いながら発表すると思います。

こちらの発表の仕方は変わっていました。「第4番目はミス~」、「第3番目はミス~」、「第2番目はミス~」と淡々と発表して、最後に2人が並びます。どちらかがミスフランスで、どちらかが第5位ということとなります。もちろんファイナルの5人に残っている人は私から見て甲乙がつくような差はありませんでした。とはいえ、なぜ第5位と第1位が最後に並んで、視聴者もドキドキしながら見るのか良く理解できませんでした。第2位と第1位が並ぶのなら分かります。

ともあれ、最終的にはMiss Picardieが選ばれて終了しました。
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-12-09 23:55 | 日常生活

塩野七生さんのヴェニス

今日は朝から雨で風もきつく悪天候でした。棚にある日本から持ってきていた本を整理していて、塩野七生「ルネッサンスとは何であったのか」を見つけました。2001年4月21日に購入したと記録しています。中を見ると「ヴェネツイアで考える」との章があり、ざっと読み返すと為になることがたくさん書いてありました。先週ヴェニスに行っていましたが、これを読んでから行くべきだったと後悔しました。

以下読み返してのポイント整理です。

・ 渡し船に立ったままの人は土地者、ほんの少しの時間なのに坐っているのは他所者。
・ 高速道路を走っていてヴェニスナンバーを見たら注意せよ、と現代でも言う。
・ 共和政体は、古代アテネのような直接民主政でなく、現在の代議員制民主主義とも異なる。寡頭制と呼ばれる小数指導型の政体で、共和政時代のローマに近い。
・ 有力家系に生まれれば、成年に達すると共和国国会の議席を与えられ、これら議員の選挙により元老院議員(セナート)を選出。これが事実上の国会。内閣機能は実際は17人による「10人委員会」。最高責任者は、古代ローマでは1年毎選出の2人の執政官である一方、ヴェニスは一代限りの終身の元首。但し、権威のみの保障で、権力的には内閣の1人、10人委員会の1人との扱い。
・ ヴェニスの有力者とは交易で財を築いた者達。富の格差はあったがそれが固定しない仕組みが設けられたところが経済人の運営する国家の見本。例えば利益率の高い香辛料を運ぶ大型商船は個人の所有は認めず。
・ 自国市場を守るに欠かせない海軍は全員を自国民で固める(陸軍は傭兵にも依存。)。レパントの海戦勝利はヴェネツイア艦隊なしには成し得ず。
・ ヴェネツイア指導者の究極の目標は、自国の独立、ローマ法王庁からの干渉の排除。「まずはじめにヴェネツイア人、ついでキリスト教者」と一般の市民ですら口にするほど政教分離主義が鮮明。
・ サン・マルコ寺院は公式にはヴェネツイア共和国元首の個人礼拝用のチャペルで、寺院の主権はローマ法王庁に属さず。司教館は遠く離れた場所に置かれた由。ローマ法王が「自分はどこでも法王だが、ヴェネツイアだけは違う。」と嘆いたとのエピソードも。
・ 運河沿いにサン・マルコ広場までの建築物を見ると、14~15世紀のビザンティン様式(カ・ドーロ等)、16世紀の西欧色と変遷。
・ ヴェニスを代表する芸術家ティツィアーノについて、直接に降る陽光だけでなく、運河に反射する光も影響。そのゆえ多彩な色使いとなる。しかし単なる色彩画家でなく、描かれる人物の人生すら感じさせる力量があったことから、当時のヨーロッパ中の王侯貴族からの依頼が絶えない流行画家となった。
・ ゲーテは、ヴェニスは肉体の目で見るには不十分で、心の目で見なければ分からない、と遺している。

ドゥカーレ宮殿を最初に見て、通常の西洋建築と異なるな、と思ったのも訳ありで、東方(ビザンティン)の影響を受けていたということとなります。東ローマとローマ法王庁との間でうまく中立を保ちつつ、交易の中継地点として生きながらえたヴェニスには何かと学ぶことが多い気がしました。
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-12-03 23:00 | 日常生活
アルノーラルエール(2月18日に言及。)というパティシエの店に行きました。久しぶりに彼のケーキ等を食べたくなったからです。車を運転して行きましたが、コンコルド広場からマドレーヌに入っていく辺りは大渋滞でした。土曜日に運転してこれほど混んでいたのは久しぶりでした。観光バスなども横から突っ込んできたりで、大変です。

行ってみると、以前に比べてお客さんが多くなり、明らかに評判が上がって色々なところから人が買いに来ているようです。私の後で若いカップルが買っていましたが、英語で注文していて、店の人も(下手ですが)英語担当のような人が説明をしていました。英語系のガイドブックにも載り始めたのかもしれません。

楽しみにしていたクイニーアマンは売切れの由で残念でした。入店したのが13:30くらいで午前で回転してしまったようです。以前も食べたサントノールを買ってみました。家に持ち帰って食べましたが、正直なところ少し質が落ちたような気がしました。もし大量生産化されてこのようなことになっていたとしたら大変残念です。

マカロンはさすがに美味しかったと思います。ここのは、通常のもののように生地がべとつかずふわっとしているため評価されるのかと思います。季節もののマロングラッセも食べてみました。日本のものは砂糖の塊のようなものであるため私自身好んで食べないのですが、こちらのは栗!という食感が良く出て美味しいと思います。しかし少し高く1粒3ユーロくらいはしていたと思います。

店を出て、通りの右向かいのカフェに入ってみました。ご飯がまだだったため、ドライトマト、普通のトマト、チーズがパイ生地に載ったタルトを頼みました。上にびっしりとルッコラが載っていて、周りにはバジリコとオリーブオイルのソースがかかった、このような場末の(?)カフェには似つかわしくないような立派なお皿で美味しいものでした。9ユーロ。フォカッチャのようなパンと一緒に食べて満足でした。周りのお客さんも家族連れや友人同士などのグループで店の人とも楽しそうにやっていて地元密着のところなのかと想像しました。

横にフランプリ(スーパー)があったのでついでに買い物をしようと入店すると、クリスマスツリーの木が売られ始めていました。そろそろどこの家でも調達し始めるのだろうなと思って見ました。
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-12-02 22:30 | 日常生活