パリにおける仕事・日常生活の忘れな草


by vwpolopolopolo

<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ラヴェルの家

パリ郊外のモンフォールラモリー(Montfort l'Amaury)にあるラヴェル博物館(Musee Maurice Ravel)に行ってみました。ラヴェルは「ボレロ」(1928年)の作曲者として有名です。1875年にCibourne生まれ、1921年にこの邸宅(le Belvedereと呼称、展望台の意味。)を購入し以後ずっと住み続けた由です(1937年パリで死去)。

14:30から午後は入場できる(ガイドツアーとなる)ということで、それまでカフェでコーヒーを飲んで待ち、時間ぎりぎりに行くと既に何人か待っていて、良く見ると1回のツアーは7人までとなっていて、私はあぶれてしまいそうでした。既に待っていた人の中には、さっきカフェで横で飲んでいたフランス人男性も混じっていました。当然話したわけではなかったですが、若いようですが結構上品な服装で端正な顔立ちをした人だなと思っていた人でした。

説明をしてくれるおばあさんが現れ、人数オーバーしているがまあ良かろうということで入れてもらえました(入場料7.30ユーロ)。最初に参加者全員にこのおばあさんが「ミュージシャンの方いらっしゃいますか?」と聞きました。私は当然素人なので、「違います」。他の人も中には「アマチュアです。」と答えている人がいました。(なるほど、アマチュアとは便利な言葉です。私も音楽を少なからず嗜むのでこれからはそう言おうと思いました。)

邸内はそれほど広くなく、確かに大人数で観覧するのは無理でした。ひとつづつ部屋を説明していく形式で、ラヴェルの書斎(図書室)は彼の収集した本が当時のまま陳列されていました。そこには当時としては珍しかったであろう、彼が使ったレコードプレーヤーも展示されていました。また、中国や日本に興味を持っていたようで、「中国の部屋」というものも1室あり、また、歌舞伎役者の絵(中村歌右衛門などと書いてあった。)や浮世絵なども飾ってありました。中国や西洋のからくりおもちゃのようなものも収集していたようでした。

さて、ラヴェルのピアノのある部屋(Salon de Musique)に来ました。木製のグランドピアノが置いてあり、ここで作曲をした模様です。突然上述の若いフランス人男性が「弾いて良いですか。」と言って、いきなり弾き始めました。最初は練習曲のようなもの、次にものすごく早弾きのクラッシックの曲を弾きました。ガイドのおばあさんも、他の参加者も「お~」という感じで聞き入りました。「プロではないが、仕事で弾くことがありますから。」ということで何の仕事なのか分かりませんでしたが、最初にカフェで見た時から何やら雰囲気がある人だなと思っていたら、只者ではなかったわけです。展示されているピアノですが、きちんと調律もされていたようで、しかし一般客に触れさせてくれるとは思いませんでした。

その後、なぜかガイドのおばあさんは「ラヴェルの曲の中でも私のお気に入りを聞いて下さい。」とCDをかけ始め、皆で聞き入ることとなりました。(変なツアー・・)

その後、庭にも出ることが出来ました。出てみると一見して日本風の箇所があり、眺めていると、フランス人の老夫婦が「日本のもののようですね。」と声をかけてきてくれました。「私達は、京都も奈良、松江、長崎にも旅行しました。松江はラフカディオハーンがいましたね。」と言うので、「ハーンは日本名も持っていました。」などと話しました。

ツアーはおそらく通常の時間を大きくオーバーして1時間15分くらい要しました。終わった後、上述のフランス人男性はまた入り口から入っていきました。多分もう少しピアノを弾きたいと依頼していたのかもしれません。

ラヴェルの言った言葉ということで邸内に展示されていて印象的だったのは、「私の唯一経験した恋愛は音楽とのものであった。」というものでした。ピアノを弾く、弾けるというのは何とも格好が良いなと思いました。
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-09-30 21:50 | 日常生活
標題についてフランス語の研修で習ったことで知らなかったことを以下列挙してみます。

●ヴォージュ山脈(les vosges、地方)(アルザス付近の高地)
・特に毛布などのリネン(le linge)
・マキ(le maquis): 対独レジスタンスの組織、参加した愛国者、彼らが身を潜めた森、(なぜか)コルシカ人が官憲の追跡を逃れて逃げ込む潅木地帯

●グルノーブル
・ヒューレットパッカードなどがあり、マイクロエレクトロニック産業

●トゥールーズ
・宇宙航空(l'aerospariale)
・カスレ
・ラグビー(ここはサッカーをやらないことで有名)

●リール
・ゴーフル(une gauffre)
・炭鉱(une mine de charbon)(エミールゾラが、炭鉱夫の激務、そのストライキ、挫折を描いた小説「Germinal」はここが舞台。)
・Leroy Merlin(ブリコラージュ・DIYの店。リールで有名な大資本家(ファミリー)が経営。サイト。

●ナント
・LUの本社(しか有名なものなし)

●クレルモンフェラン
・ポテ(la potee)

●マルセイユ
・南フランスの玄関口、南フランスのことを一般に「le Midi」と呼称。

●リヨン
・クネル(le quenelle)
・石油化学薬品工場(la petro-chimie pharmaceutique)
・シルク工場

●ニース
・2月のカーニバル、山車(un char)
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-09-25 23:50 | フランス語

デュマの居城

パリ郊外のポール・マルリーのアレクサンドル・デュマの屋敷「シャトー・モンテ・クリスト」に行きました(入場料5ユーロ)。だいぶ以前に行って閉まっていたことがあり、今度こそと思って行ったものです。(2月18日に言及。)

「モンテ・クリスト伯」を書いたのはデュマ(父、Pere)で、息子も同名です。デュマ(父)の生きた時代は19世紀、7月革命、2月革命を経験していることとなります。

このお屋敷はデュマの展示がなされていましたが大変興味深いものでした。まず彼は大変な美食家だったようです。そのせいもあり、肖像画どれを見ても大変な肥満体です。3階建てのこの屋敷には多いときには600人が集まってパーティーに興じていたと説明にありました。自らも料理をしたそうで、象の足の包みもの、カンガルーの肉のフィレまで食べていた由でした。自分自身で大変分厚い「料理辞典」まで編纂していました。ある夜のメニュー(アントレにオマール、魚料理はサバ、カレイと書いてあったと記憶しています。)も展示してあり、覗き込んでいたら、職員が暇だったのか話しかけてきてくれました。

「彼(や同時代の美食家)と同じような食事を今摂ったら体を壊します。普通メニューにはアントレ・プラ・デゼールでそれぞれにチョイスがある(~又は~又は~という風に。)が、このメニューには「又は」がない。書いてあるもの全てを食べていたということです。」

とのことでした。太るのも無理はないわけです。

美食家であると同時に旅行が大変好きだったようで、「パリからケルンを経て、サンクトペテルスブルク、カスピ海の側を通り、トルコを越えて、ギリシャ、マルセイユまで」、また「スペインを縦断して、モロッコ、チュニジアまで」足を伸ばす旅行もしているようでした。「シナイ半島での4日間」との題名の小説(?)も展示されていましたが、この旅行にヒントを得たものと思われます。

旅行時にイスラム建築に興味を持ったデュマはチュニジアから職人を連れてきて、この屋敷の2階の2部屋をイスラム風の部屋に改築していました。私が観た現在の修復状況は実際には1980年代に、モロッコの王様から援助を受けたものとの説明がありました。

屋敷のすぐそばに離れがあり、「シャトー・ディフ」と名づけられています。そこで「モンテ・クリスト伯」等を執筆した模様です。「モンテ・クリスト伯」の物語同様、屋敷の方がさじずめパリの社交場、離れの方がパリの社交界から主人公が隔絶されていた「イフ島」を表しているということでしょうか。

デュマはジャーナルの刊行者でもあった模様です。自身の小説を出してみたりもしていたようです。

また、彼の作品は色々なところで何度も舞台公演されているようでした。映画でも扱われている記録も展示されていました。

肖像画がたくさん残っていて、また屋敷の入り口上部に自分の顔の彫像をはめこんでいたりと、かなり自己顕示欲の強い人だったようです。しかし、執筆、美食、旅行、放蕩、好きなことを存分にやったということが、あの肥満体から伺われ、羨ましいというか何となく笑ってしまいました。
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-09-24 21:50 | 日常生活

La Tres Grande Fete TGV

TGVが開通25周年(1981年9月27日~)ということで、標題のイベントがトロカデロでありました。

本物のTGVの先頭車両1台も展示されていて、運転席を見学できるようになっていました。私がそこに行ったのは13時15分頃でしたが、例によって行列が出来ています。係りの人が行列している人に説明しているところでは、「少しづつ運転席に入って、Q&Aをやっているから、どれだけ時間がかかるか分からない(!)」ということでした。

しかし並びました。先週のエリゼ宮に続いて2週連続で並んでいます。その間、25周年記念のアメが配られたり、SNCF職員らしき人が「何か聞きたいことがあれば聞いて下さい。」と言いに来たり、様々な配慮が一応なされていました。「質問があるか?」と言われて、皆「あとどれくらい時間がかかるのか?」が第一声でしたが、中には「あの車輪の部分の部品はどこの製品か?」(私が聞き取ったところではドイツ製でフランスでは製造されていない由。)など熱心に聞いている人もいました。

実に2時間待ってやっと運転席に入ることが出来ました。

そこでは確かに係員(SNCFの職員と思われる。)が1人いて、見学者の質問に答えていました。他のフランス人は2時間も待ったのだからとばかりにものすごい勢いで質問しまくっていました。

その勢いに押されたのか、係員の人は今まで入れいていなかった電源を入れてくれ、あれこれ説明し始めました。

運転席は1人がけになっていて、前方の窓は結構小さく、従って視野が狭い印象を受けました。そもそも1人だけのスペースなので5~6人も入ればぎゅぎゅうになるくらいの狭い場所です。電源が入った際に、スピードーメータも液晶で現れ、400キロまで目盛りがふられていました。「400キロ出るのですか?」と聞くと「はい。」ということでしたが、おそらく理論上そこまで出せるということかと思います。(車でもメータがふれるところまで実際はスピードが出せないことから類推。)ワイパーもリクエストに応じて動かしてくれましたが、結構ゆっくりしたスピードで、このような速さで300キロで走って雨が降って来て対処できるのか?と他の見学者も思っていたようですが、「まあこんなものです。」という答えでした。

最後は「後ろに待っている人がまだまだいますから」となかば追い出されるようにして外に出ました。(イベントのサイト)
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-09-23 21:50 | 日常生活
昨日隣室の韓国人同僚が、「今日あたりまもなくAppleが何か発表するのを皆待っているらしい。」と言っていました。

それで今日の20 Minutesを見ると標題のような記事となっていました。内容は、

・iTunesによりビデオ販売開始、しかし米国のみ。
・発表の最後にサプライズとして、「テレビと接続してiTunesコンテンツを楽しめる新端末「iTV」」に言及。
・フランスのArchosとは競争できるものは何もなし。

ということで、「新機軸はなし」ということになったのかと思います。韓国人同僚と話していた際に、2部屋隣のフランス人同僚もいて、「自分はArchosを使っているのでiPodはいらない。DRMがかかりややこしいだけ。」と言っていました。

Archosの機能を今少し見てみると、今回のAppleの新機軸は確かに目新しくないようです。
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-09-13 23:30 | 日常生活

Selon Charlie

f0008225_5131829.jpg標題の映画を観ました。今年のカンヌ映画祭のコンペティション部門に出されていた映画の由で、しばらく道端でたまに広告を見かけていたので行ってみることにしました。監督は女性(女優でもある模様)のNicole GARCIAという人です。

感想は、何人かの日常生活を扱うということで、場面の切り替わりが早く、フランス語がよく分からない(ゆえにストーリーが追いきれない)、ゆえにつまらない、という感じでした。

何人かの日常を並行して追いかけて、時にそれが少し錯綜したりしなかったり、というスタイルは相当の語学レベルがなければ観賞が難しい印象です。そして何よりこのようなスタイルがまさにフランス映画の典型であると聞きます。

いずれまた書こうと思っていますが、先週「Fauteuils D'Orchestre」という映画がDVD発売されたということで、見逃していたものであったため喜んで購入して見てみたのですが、まさに今回の映画と同じスタイルでした。「登場人物が複数いてそれぞれの日常が並行して描かれ、ストーリーが追いきれないこともあって、正直つまらなかった。」と先週同室のフランス人同僚に話すと「それがまさにフランス映画の典型的スタイル。」と指摘していました。

「Charlie」とは誰かなと思って観ていると、出てくる子供の役なのですが、この役が映画の全てを物語るのかというとそうでもない、ここがまた良く分からず混乱を招きます。下記サイトで監督が説明していて、

"I really like this title. Charlie certainly isn't the central figure of the film, but he is the standard for the state of childhood that the characters bear within themselves. The children communicate sometimes more by looks than words. They try to capture in adults a certain truth.".(以上カンヌ映画祭の関連サイトから)

とあります。

また、粗筋は以下のとおりです。抽象的ですが、ストーリーがないといえばないので、このように書かざるを得ないのでしょう。

Une ville au bord de l'Atlantique, hors saison. Trois jours, sept personnages, sept vies en mouvement, en quête d'elles-mêmes, qui se croisent, se ratent, se frôlent, se percutent et qui en se quittant, ne seront plus jamais les mêmes
(以上同じくカンヌ映画祭の関連サイトから)

結論としては、映画の広告を見て、やたらとたくさん登場人物が出てきそうなものは、上述のフランス映画の典型的スタイルをとっている可能性が高いということで避けるのが無難、ということのようです。殺人事件があってその犯人は?とか、サスペンスとか、コメディとか、ある程度筋がはっきりしているものは少しくらい台詞を追えずとも問題がないと思います。
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-09-10 22:30 | 日常生活

Soiree de Danse Roland PETIT

標題のバレエがシャンゼリゼ劇場であったため仕事の後、観に行きました。全くバレエに興味はないのですが、日本人(草刈民代さん)がメインということと、未だシャンゼリゼ劇場に行ったことがなかったので行ってみたものです。

不精して当日の開園(20時)1時間前にチケットを買いに行ったのですが、当然ながらまずまず観られる席がほとんどない状態でした。何とか「2eme Balcon Face」(34ユーロ)を買いました(チケットを買うべく並んでいると、またもやフランス人おばあさんに割り込みをされました、がこれについて書くのはやめます。)一番高いところで55ユーロということで、この手のものとしては無茶な値段設定はされていないと思います。

劇場前には日本人もたくさんいて、正装している人(女性が主)もたくさんいました。パリ在住日本人もいたと思いますが、バレエ関係者が日本から観に来ているようにも見受けられました。日本人のモデル、ダンサー(?)のような綺麗な女性が劇場前でカメラマンに写真を撮られたりして随分華やかです。フランス人観客も、今日は日本人が多いなと思っていたかもしれません。しかし決して日本人ばかりでなく、フランス人もたくさん観に来ていました。現に私が座った周りにはフランス人ばかりでした。Roland PETITという演出家がフランス人ということもあるのかもしれません。

演目を念のため記録しておくと、

Pas de deux et solos extraits de

Pink Floyd Ballet
Le Rendez-vous
Cheek to Cheek
Duke Ellington Ballet
Charlot danse avec nous
Carmen
L'Arlesienne
Proust ou les intemittences du coeur
Thais
Coppelia
Ni Dieu Ni Diable

【『ピンク・フロイド・バレエ』より『Run Like Hell』
『ピンク・フロイド・バレエ』より『Great Gig in the Sky』
『ランデヴー』よりパ・ド・ドゥ
『チーク・トゥ・チーク』
『デューク・エリントン・バレエ』より『ソフィスティケイテッド・レディース』
『チャップリン』より『小さなバレリーナ』(映画『ライムライト』より)
『カルメン』よりパ・ド・ドゥ
『アルルの女』よりパ・ド・ドゥ
『プルースト』より『モレルとサン=ルー公爵』
『タイス』よりパ・ド・ドゥ
『コッペリア』より】(日本語訳を本サイトから)

です。純粋なクラシックバレーから、モダンなもの、コミカルなものまで色々楽しめました。踊るだけですが、その表現の多彩さにびっくりしました。隣のおばさん達が1つの演目が終わるたびに「ブラボー」を連呼していました。そして最後の演目の後はスタンディングオベーションで、演出家のRoland PETIT氏も舞台に登場して大変な盛り上がりでした。あまりに拍手がやまないので、最後の演目を再演して終了しました。

また、草刈さんと言えば私が初めて知ったのは、映画「Shall we ダンス?」でした。96年公開だったということでもう10年経つのかとびっくりです。どちらかというと大根というか無機質なイメージがあったような記憶がありますが、今回の舞台での艶っぽさには驚きました。

関連サイトを見ると、パリ公演のあと、アジアを回って、日本でも公演があるようです。(サイト)
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-09-08 23:30 | 日常生活
朝、銀行に行く用事があり、9時開店の前であったためドアの前に並んでいました。そこにどこからともなくフランス人のおばさんが現れ、私の前に堂々と割り込みました。動きだしたら文句を言ってやろうと思っていたら、9時になって案の定扉のボタンを押し始めました。「マダム、私が先に並んでいたのですが!」と言うと初めて気が付いたように、「じゃどうぞ、まだ扉は開かないけど。」と、よくもまあいけしゃあしゃあと・・と思いながら、ボタンを何回か押したらあきました。

フランスの銀行は2重扉になっていて、1枚あけて、1枚目の扉と2枚目の扉の間のスペースに入り、1枚目が閉まってから2枚目をあけてという風にして、1人づつ入店する方式です。

当然私1人が2枚の扉の間に入ったと思っていたら、このマダム(とつられて他2人ほど)も無理矢理入ってきました。その結果2枚目の扉が開かなくなりました。中から行員が手配してくれて扉が開きましたが、全く図々しいにもほどがあります。外国人なら1人づつ入るということを知らないこともあるかもしれませんが、あのマダムは生粋のフランス人です。

フランス語の標題は一体何だと思われるかもしれませんが、今日から週1回夜に通うことにしたEcole du Louvreの第1回の講義テーマでした。これはルーブル美術館付属の学校(大学?)で、世界の美術・芸術史を講義する夜間コースです。

行ってみると大学の雛壇の講堂のような立派な教室があり、開始時にはほとんど埋まっていました。おそらく300人くらいは入っていたのではないかと思います。

第1回は4万年前から1万年前までの旧石器時代の洞窟画・壁画等をスライドで見ながら、先生が色々と注釈するという内容です。

ラスコーくらいは歴史の授業で習いますが、それ以外にも、チェコ、ロシア、スペイン、もちろんフランス国内にたくさん洞窟画等が残っているということで、初めて知ることばかりでした。

動物が多く描かれていて、人間はほとんど描かれていない(描かれていても顔と目だけ等の簡単なもの)ことが指摘されていました。それは、狩猟を魔術のように考え描き、またシャーマニズムが主題になっているから、等の説明がありましたが、あまり詳しくは聞き取れませんでした。

旧石器時代では引き付けて聞くのが難しいですが、すこしづつ時代が下っていくようなので、そうなれば少しは理解しやすくなるのではと期待しています。
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-09-07 22:30 | 日常生活
ここではあまり書いたことがありませんが、世界ラリー選手権(WRC)他ラリー競技を観戦することが大好きです。興味を持ち始めたのは去年くらいからなので1年と経ちません。日本よりもマイナースポーツの度合いは低いと思いますが、サッカー等に比べればあまり知られないものと思います。しかし大変面白いです。

今日はWRCが帯広で開催されていて(ラリージャポン)、Eurosportsチャネルで北海道の風景なども含めて楽しみながら観戦していました。

これまでスペイン人のカルロス・サインツ(引退)という人がWRC26勝していたのですが、今般の大会でフランス人ドライバーのセバスチャン・ロエブが27勝を果たし、記録を塗り替えました。2位のグロンホルム選手とわずか5秒差で、しかも最後のグロンホルム選手の追い上げも素晴らしく、大変手に汗握る戦いとなりました。日本開催ということで、スバル勢はどうかなと思って観ていましたが、ポディウムとは残念ながらいかなかったようです。

先週末の無料新聞「Sport」にロエブの記事がありました。

ロエブは1974年2月26日Haguenau(Bas-Rhine)生まれ。もともとは器械体操選手で10歳から15歳の間に4回アルザスチャンピオン、1回の「Grand Est」のチャンピオンになるほどであったそうです。

ロエブ専属の医師によると「ロエブは体操選手としての筋肉を維持しつづけていて、171センチ、71キロ、体脂肪率17%と、喩えるなら、グロンホルムは鯨、ロエブは豹。」とのことです。

今後ロエブはまだしばらく勝ち続けることが予想されます。いずれにしてもこのような記録を塗り替える選手が活躍している時期にファンをやっていられることは幸せです。

ところで、優勝したロエブ、シトロエンチームの面々が、勝った瞬間に「合●格」、「闘●魂」(●は日の丸)という鉢巻をし始めたのには笑いました。誰か日本人が教えたのかと思いますが、果たしてその意味や連想される人物のことを分かっているのだろうか・・と思います。
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-09-03 23:10 | 日常生活