パリにおける仕事・日常生活の忘れな草


by vwpolopolopolo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Musee de l'Histoire de France (Ho^tel de Soubise)、お礼

標題の歴史博物館を訪問する機会がありました。入場料は3ユーロ。マレ地区にあるスービーズ公という人の館だったところが博物館になり、13世紀頃からの王が発した公文書が展示されていました。古い物は見ても何が書いてあるのかさっぱり分からないのですが、ガイドブックに「ジャンヌ・ダルクの手紙が展示されている」とあり、学芸員の人に聞くと「そのようなものはないが、マリーアントワネットの書簡がある。」ということで案内してくれました。

La derniere lettre de Marie-Antoinette adressee a Madame Elisabeth pour lui recommender ses enfants, 16 Octobre 1793, 4 heures 30 du matin.

と説明書きがありました。「本手紙は後にロベスピエール関係の書類から発見された」とも説明がありました。夫のルイ16世は、1793年1月21日に処刑されているようですが、マリーアントワネットは1793年8月2日までTempleにいて、その後コンシェルジェリーへ移され、1793年10月16日12:15に処刑された、と説明が付されていて、処刑される当日の早朝にしたためた「最後の手紙」ということとなります。

A4の紙に2枚程度びっしりと書いてあるものでした。驚いたことが2点ありました。1つは、文章(言葉遣い、文法)が現在と同じであること。手書きで達筆なため良く読めないところもあるのですが、mon fils、ma filleなどの文字は十分判別でき、一部内容も追えました。200年以上も前の文章が今の言い回しと変わらないというのは、日本と比較してもその違いが際立つと思います。今は凋落しつつありますがヨーロッパにおける最近までのフランス語のパワーは恐るべきものだったのだなと思いました。

2つ目はいよいよ最後の日を迎えて手紙をしたためているわけですが、文字に乱れが見られないことでした。まだ38歳の若さで、間もなく迎える死の恐怖は当然あったはずですが、文字から判断するだけであれば泰然自若としているように見えました。何かとスキャンダルの多い人であったことは間違いないようですが、随分と芯の強い人だったのでは?と想像しました。


☆お礼☆
さて、本ブログの更新を都合により本日をもって終了させて頂きます。多い日には30人くらいの方にご覧頂いていたようで、また、何人かの方々には定期的にコメントを頂きましてありがとうございました。コメントを頂いて、自分では考え及ばないこと(知らなかったこと)をご指摘頂け大変参考になりました。また、コメント等を頂いた方のブログを中心に覗かせて頂き、色々な分野の情報に触れることが出来、改めてブログのパワーを思い知りました。私自身あまり熱心なブロガーではなかったため、お返しコメントもあまり出来ず、また、色々なところに出掛けてリンクを貼るとまでも行かず、貢献不十分、威力半減であったかもしれませんが個人的には大変楽しませていただきました。重ねましてありがとうございました。
(なお、vwpolopolopoloの名前は、本更新を最後として以降使用しませんので、仮に今後この名前がいずれかで何らかの形で使われている場合には、それは本ブログを更新していた私以外の方によるものということを念のため申し添えさせていただきます。)
[PR]
by vwpolopolopolo | 2007-06-18 22:50 | 日常生活