パリにおける仕事・日常生活の忘れな草


by vwpolopolopolo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

La Tourneuse de pages

f0008225_3434564.jpg標題の映画を観ました。今日から3日間はパリ市の補助(?)により、「3 Jours 3 Euros」とのキャンペーンの由で、確かに3ユーロでした。安いですね。

調べてみると、本映画は先般のカンヌ映画祭の「ある視点部門(Un Certain Regard)」に出された映画のうちの1つでした。ちなみに先週観た「Paris Je T'aime」はこの部門のオープニングを飾った映画の由でした(8月13日で言及)。

粗筋は以下に貼り付けましたが、サスペンスタッチでぐいぐい引っ張る一方、ある程度展開が予測できる側面もありました(そこが「ある視点部門」受賞に至らなかった原因かもしれません)。しかし個人的には大変面白かったです。主人公(Déborah François)が寡黙な役どころで台詞がそう多くなく、何とか会話を追っていけるものであったのも良かったです。しかしこの若手女優の演技はなかなかで、表情が変わらない感情を押し殺した演技は見物と思いました。

カンヌ映画祭のサイトを見ていたら、このDéborah Françoisは昨年のPalme d'Or 受賞作である「L'enfant」の主演女優であったことが分かりました。その映画はまだ観ていませんが、さもありなんという感じです。

以下カンヌ映画祭のサイトから貼り付けています
【Fille de bouchers dans une petite ville de province, Mélanie, âgée d'une dizaine d'années, semble avoir un don particulier pour le piano.

Elle tente le concours d'entrée au conservatoire mais échoue, perturbée par l'attitude désinvolte de la présidente du jury, une pianiste reconnue. Profondément déçue, Mélanie abandonne le piano.

Une dizaine d'années plus tard, à l'occasion d'un stage, Mélanie rencontre M. Fouchécourt, le mari de cette femme qui a certainement changé le cours de sa vie. Très vite remarquée pour son sens de l'organisation et son dévouement, Mélanie est recrutée au domicile de M. Fouchécourt, pour veiller sur son fils.

La rencontre avec Mme Fouchécourt se passe merveilleusement bien puisque Mélanie se montre très sensible à la musique et devient sa tourneuse de pages...】
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-08-20 20:50 | 日常生活