パリにおける仕事・日常生活の忘れな草


by vwpolopolopolo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

L'AFFAIRE DREYFUS

f0008225_6123760.jpg最近地下鉄の駅構内の色々なところで右のような大きな広告があるのに気付きました。このおじさんは誰かなと良く見てみると、ドレフュス事件で有名なアルフレッド・ドレフュスの写真でした。ユダヤ人大尉だったドレフュスが独スパイとの容疑をかけられた事件です。

1894年に事件が起こって、一応の名誉回復まで12年要したそうで(しかし冤罪が完全に認められることはなかった由です)、その名誉回復から丁度今年が100年ということのようです(それにちなんだ展示の広告ということでした)。反ユダヤでフランス国内が一色になった際に、ひとりエミール・ゾラが「私は弾劾する」と言ったのは有名な話です。

BBCのニュースでも100年記念のセレモニーの様子が掲載されていました。(BBCのニュースサイト)

ユダヤの芸術歴史博物館のサイトから以下抜粋しています。
Le 12 juillet 1906, au terme de douze ans de lutte acharnée, le capitaine Alfred Dreyfus (1859-1935) est réhabilité par un arrêt de la Cour de cassation, la plus haute cour de justice en France. La justice est rendue, la vérité démontrée, le droit appliqué. Le xx e siècle commence avec l’affirmation des droits les plus imprescriptibles de la personne et du citoyen. Cette exceptionnelle bataille, après le procès de 1894 et le temps du J’accuse… !, a profondément marqué la conscience des peuples et des personnes, en faisant triompher le droit et la vérité sur la raison d’État.】
[PR]
by vwpolopolopolo | 2006-08-18 23:30 | 日常生活